通信制高校とは

通信制高校とは何?知っているようで知らない

通信制高校とは通信による教育を行う課程のことで、
学校教育法により、修業年限は3年以上と定められています

 

通信制高校はは全日制、定時制と並ぶ教育課程で、
各個人のペースで学習して高校卒業資格を取得することができるため、
社会人や不登校、中退、学業不振者に適したスタイルとして注目されています。

 

基本的に自宅で学習するタイプで、学年制の学校よりも単位制を採用している学校が多く、
個人の併せたペースで学習をすすめていくことが可能なため、
最短では3年、人によっては在籍期間を活用して10年以上かけて卒業する人もいます。

 

レポートの提出(添削指導)

 

通常は自宅で学習し、通信制高校がが定めたレポートを提出し、添削指導を受けています。
昔は教科書で自宅で勉強し、レポートや課題を郵送するのが主流でしたが、
最近ではインターネットを活用している学校も多くあります。

 

志学会高等学校の場合、レポートの提出回数の一番多い教科で、

一年間の中で9回・少ない教科で3回の提出。レポートは先生が丁寧に添削指導をしてくれます!

 

 

スクーリング(面接指導)

 

通信制高校にもスクーリングと呼ばれる面接指導があります。毎日の自宅学習で、疑問に思う課題を登校日に担任の先生に質問するなど、直接指導を受けることをスクーリングと言われています。
一般的には登校日といわれています。登校日には学校によって特色があり、月2回程度が主流ですが、毎日登校型や年週に5日の集中スクーリングまでさまざま存在しています。

 

志学会高等学校の場合、スクーリングの出席回数の一番多い教科で

15時間少ない教科で2時間。自分の都合のよい時間を選んで登校できます

 

単位認定試験

 

通信制の高校で多くで単位認試験が導入されています。ひとつの科目についての学習科目の成果を評価するもので、
テキストなどを使って学習し、定期的にレポートを提出してもらい、次に単位認定試験を受験します。

 

志学会高等学校の場合、確実に卒業できるような万全のサポート体制を完備。試験は落とすものではなく引き上げるもの

年に二回の試験を行い、各教科の先生の判断で単位が認定されています

 

関東でおすすめの通信制高校

高校を中退や不登校でも、高校卒業資格を諦めないで!

広域通信制と呼ばれる高校は全国から入学が可能です。

通信制高校に興味を持っているならまずは資料請求です。